あなたの一生の友人となる人は?「リバース」10年ぶりの共演!戸田恵梨香が藤原竜也が織りなす友情ドラマ

湊かなえのイヤミスの傑作「リバース」で10年ぶりに共演を果たした藤原竜也と戸田恵梨香。ドラマのキーワードは「僕の親友を殺したのは誰?」あなたには親友と呼べる人はいますか?あなたの身近にもうすでにいるかもしれない一生の親友になる人が誰なのか占ってみませんか?

「デスノート」から10年ぶりの共演

今回「リバース」で共演することになった主演の藤原竜也さんと戸田恵梨香さんは「デスノート」以来10年ぶりの共演となります。

あれからもう10年も経ってるなんて信じられないくらいにお2人とも全然変わっていませんね。

「リバース」ってどんな話?

原作は湊かなえの小説

湊かなえさんの作品は、読んだあと嫌な気持ちになるミステリー「イヤミス」といわれ、その多くは笑いなどは一切なく後味の悪さが人気です。

今回ドラマ化された「リバース」は湊かなえさんの作品の中で初の男性の主人公。その主人公の深瀬和久を演じるのが藤原竜也さんです。

藤原竜也は湊かなえが絶賛する演技力

「藤原さんが演じるのだから、どうせかっこいい深瀬なんだろうと思ったら、服のセンスも悪いし背中も丸いし、『深瀬頑張りなよ』『しゃんとしなよ』って言いたくなる深瀬がそこにいた。本物だと思った」。応援したくなる魅力的なキャラクターだけに、巻き込まれていく事件の闇に期待が増します。「原作ではわりとあっさりした部分にも、深瀬のこんな涙ぐまして葛藤があったと思うと、この先がずしんときます」。

出典:http://www.nikkansports.com

湊かなえさんも太鼓判を押す藤原竜也さんの演技力でますますミステリーさが深まりそうですね!

第1話

子供の頃から心を許せる友達が1人もいないまま過ごしてきた深瀬和久(藤原竜也)。そんな深瀬に広沢由樹(小池徹平)という親友と呼べる存在ができたのは大学のときだった。

大学もあと少しで卒業というとき、同じゼミの村井隆明(三浦貴大)、谷原康生(市原隼人)、浅見康介(玉森裕太)にスノボに行こうと誘われる。
三人とは特に仲が良いわけではないが、広沢が行きたいというので深瀬も行くことにした。しかし、スキー場で広沢は行方不明に…数か月後、広沢の遺体が見つかり真相は謎のまま…
深瀬は「あのときなぜ広沢を止めなかったのか…」と今でも心残りを抱えていた。

10年後、深瀬は仕事帰りに行きつけの喫茶店でコーヒーを飲むのが唯一の楽しみというつまらない毎日を送っていた。ある日、その喫茶店で越智美穂子(戸田恵梨香)と知り合い惹かれていく深瀬。彼女ができない深瀬をみかねた喫茶店のママのお節介もあり二人は交際を始めることに。

大学の同窓会で久しぶりに4人で顔をそろえた深瀬、村井、谷原、浅見。同窓会にはには広沢の母親広沢昌子(片平なぎさ)もいた。昌子の出現になぜか戸惑う4人。その帰り道、ジャーナリストの小笠原(武田鉄矢)が深瀬以外の3人に10年前の事件の話を聞きたいと声をかけてきた。

いっぽう深瀬のアパートには「人殺し」の張り紙が…美穂子の職場にも「深瀬和久は人殺し」と書いた手紙が届き、深瀬は美穂子に10年前の出来事を話し始めた…

キャスト

ドラマでは、広沢はなぜ死んだのか?登場人物すべてが怪しく見えてしまう第1話でしたね。

友達の中でも特別な人である親友。親友がいるって幸せなことですよね。
あなたにも親友と呼べる人はいますか?
あなたの一生の友人となる人はどんな人なのか気になりませんか?
ぜひ占ってみましょう!